株式会社農業総合研究所

農業に情熱を

お問い合わせ

JR内房線江見駅に農産物集荷場を開設~千葉県産農産物の販路拡大と生産者の収入源増を狙う~

農業総合研究所は、2020年10月14日に発表した東日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR東日本」)との資本業務提携の一環として、農産物集荷場「JRE農業ステーション江見駅」をJR内房線江見駅の敷地内に開設し、4月27日から運用を開始いたします。JR東日本の鉄道インフラと農総研の農産物流通プラットフォームを活用することで、千葉県産農産物の販路拡大と生産者の収入源増を目指すとともに、新鮮で熟度の高い農産物を首都圏を中心とした消費者に最短1日でお届けします。

詳しくはこちらをご確認下さい。

最新記事

農直システムとは

生産者と生活者をつなぐ、農業総合研究所独自のシステム(サービス)です。農産物の栽培管理や販売支援など、生産者をサポートするシステムと商品の出荷情報や生産者情報、おススメのレシピなどが確認できる生活者向けのスマホアプリを展開しています。

産直流通とは

農業総合研究所の「産直流通」とは、独自の物流網とITプラットフォームを構築することにより、全国から生産者の顔が見える安心・安全で新鮮な農産物を最短(低コストかつスピーディー)で生活者にお届けすることです。